*

毛穴ケア

公開日: : 肌のトラブル対策

気になる毛穴は目立たなくさせるには日ごろのケアが必要です。洗顔やオリーブオイル、パックなどをうまく利用して毛穴ケアをしましょう。余裕があればエステで毛穴ケアをいいですね。また下地クリームやファンデーションで目立たなくさせるテクニックも覚えたいですね。

 

毛穴ケアの洗顔方法

毛穴ケアの洗顔は毛穴をしっかりとひらかせてから行いましょう

毛穴ケアのポイントは、なんといっても洗顔と、洗顔後の肌ケアです。しかもこの作業は、時間との戦いです。特のお風呂上りは、肌がしっとりしていると思いがちですが、全身であってもわずか10分で肌の保湿力は、お風呂に入る前の状態まで戻ってしまいます。しかも、そのあと、急激に乾燥してくるのです。顔の場合はもっと早いですから、ささっとすませる必要がありますね。

朝の洗顔や、お風呂に入らずに洗顔する場合は、まず、毛穴の開かせることが大切です。お風呂では、少し湯船に浸かっていれば、毛穴は次第にひらいてきますね。その状態を作るのです。

毛穴を開かせる一番効果的で簡単な方法は、蒸しタオルを利用することです。蒸しタオルは熱いお湯に浸す方法もありますが、熱いのでうまく絞れませんよね。ここは、文明の利器を利用して、電子レンジ利用が便利です。水で濡らしたタオルを軽く絞って、ラップにつつみ、電子レンジで、1分弱あれば、十分です。あまり熱すぎるのはよくありません。

さて、お風呂でも、蒸しタオルでも毛穴を開かせたあとは、ごしごしとこすらずに丁寧に洗顔しましょう。そして、洗顔後は、間髪を入れず、しっかりと保湿ケアをすることを忘れずに。

 

エステで毛穴ケア

プロの手で毛穴ケアをすれば毛穴すっきり

エステティックサロンでのフェイシャルエステでは、日頃のケアで不足しているケアや、うまく取れない汚れや皮脂などをスっキリと取りはぶき、肌をしっかりとケアする毛穴に着目したプログラムや施術があります。

毛穴を広げた後で、詰まった皮脂を取るのは、もちろん機会によるものです。様々な毛穴吸引のエステ機器があり、肌を傷めずにきちんと皮脂を取ってくれます。そのあとは、ハンドマッサージで肌を活性化させたり、パックで、毛穴を引き締めたりなどのケアをします。

また、エステサロンによっては、酵素を活用した洗顔や、リンパドレナージュにより肌のターンオーバーを促したりすることもあります。これらは、古い角質をとるサポート的な役割です。しかし、実際にはとても効果が高く、多くのリピーターがいるようですね。

エステサロンに通えないという方は、自宅でできる毛穴ケアを実行したらいかがでしょうか。毛穴のつまりをとるための機器や、洗顔のための機器は、いろいろと提供されています。自分で、毛穴ケアをすると、いつも肌をきれいにしておくことができますから、毛穴の目ただせることもなく、肌の乾燥もなくなってすっきりカバーされた肌になりますね。

 

オリーブオイルで毛穴ケア

オリーブオイルで効果の高い毛穴ケアをしませんか

美容、健康というキーワードでまず頭に浮かぶのが、オリーブオイルですね。とくにエクストラバージンオイルは、料理に使っても最高においしいですし、美容に使うには、これが一番です。できたら、オーガニックのオリーブオイルだと、ストレスも感じることなく安心して使えます。

オリーブオイルがなぜ毛穴ケアに良いかといえば、なんといっても主成分であるオレイン酸の効果を十分に受けることができるからです。オレイン酸は、肌の汚れや乾燥、アレルゲンから肌を守ってくれるバリアになります。

オリーブオイルで、もっとも毛穴ケアに効果が高いのが、クレンジングとしての利用です。古い角質や皮脂をオリーブオイルがすっきりと取ってくれます。使い方は簡単で、適量を手に取り、顔になじませていきます。優しくマッサージするようになじませると、汚れや角質が浮いてきます。オフは、ティッシュでまず軽く行ってから、ぬるま湯で落とします。これで、オリーブオイルのクレンジングは、完了です。

毛穴のつまりや黒ずみが気になるときには、集中ケアを行いましょう。まず、気になる部分に、オリーブオイルを塗り、軽くマッサージを行います。そのあと、ぬるま湯であらい流しましょう。この後に、米ぬかや小麦粉で、パックを作り乾いたころに塗ります。パックが乾いたところで、ぬるま湯で再び洗い流すと、毛穴の汚れはすっきりと取れます。

 

毛穴パックで毛穴ケア

毛穴パックは準備と後ケアが大切です。

毛穴パックが肌に良くないと言われるのは、前準備と後ケアが足りないからです。単に洗顔をして、あるいは洗顔もしないままに、毛穴パックをしても効果はあります。頻繁に行うと単に、毛穴が開きやすくなるだけなのです。

毛穴パックを行うときには、まず、蒸しタオルでしっかりと毛穴を開きましょう。毛穴をが開いた状態で毛穴パックをつけたところを水で濡らし、その上に毛穴パックを張ります。少し早目のタイミングで、優しく剥がすと肌にもやさしくパックを行うことができます。

パックの後は、肌に残ったパック跡をしっかりと洗い流したあと、後ケアをしていきます。できるだけ肌に優しい化粧水で毛穴をきゅっと引き締めていきます。ここは、丁寧に行いましょう。毛穴が開いたままだとすぐにまた、詰まってしまうからです。

化粧水のあとには保湿のケアも忘れずに。保湿クリームをたっぷりとつけることで、毛穴は目立たなくなります。

毛穴パックは、長時間つけていると、乾いてしまい、外すときに肌に負担がかかりすぎます。肌を傷めることは、角質を傷めることにつながり、結果として、乾燥などを引き起こします。乾燥は、毛穴を目立たせる原因ですから、せっかくの毛穴パックが逆の働きをしてしまうことになりますね。

 

化粧下地で毛穴カバー

化粧下地は、毛穴カバーにはとても大切なメイク用品のです。もともと、化粧下地は、ファンデーションをしっかりと肌に密着させておくものなのですが、それ以外にも肌にカバー力がアップするという大きな役割があります。

毛穴が目立つ原因である、紫外線やほこりから肌を守ってくれるだけでなく、ファンデーションが毛穴にたまるのを防いでくれます。つまり毛穴ケアをするためには不可欠なものです。

とくに最近では、保湿力の高い化粧下地がありますので、乾燥にも強いカバー力を期待する人は、その特性を考えて選ぶといいですね。

化粧下地にひと工夫で、毛穴が目立たなくなるテクニックもあります。まずしっかりと化粧下地を付けます。肌は乾燥すると毛穴が目立ちますから、化粧下地でしっかりと保湿をするといいのです。

そして、そのあとに、毛穴が特に目立つ部分に、BBクリームをちょっとだけのせます。そして、指先で円を描くようにくるくると塗りこんでいきます。あまり大量につけるとそのあとにファンデーションを付けますから、厚化粧にみえてしまいますから、あくまでも特にめだつところだけにしましょう。

この後、通常通りにファンでションを塗っていきます。肌は、化粧下地とBBクリームで、しっかりと保湿プラスカバーされていますから、毛穴が目立ちませんね。

 

足の毛穴ケア

顔の毛穴とは違う足の毛穴ケア

足の毛穴ケアを気にしていますか。顔の毛穴とは違い、足は、気になるけどそのままという人は多いですね。実は、足の毛穴の目立ちは、顔の毛穴の目立ちとは違う理由で起きています。

足の場合一番に気になるのは、毛穴の黒ずみです。足をきれいに見せたいのに、ぼつぼつしているのが、気になって仕方がなかったり、触った感じがつるっとしなかったりと感じていませんか。これは、むだ毛の処理の失敗によるものがほとんどです。

自分でむだ毛を処理すると、肌に負担がかかってしまい、毛穴が炎症を起こすことがあります。その炎症はやがて色素沈着となって、毛穴が黒ずんで見えてしまうのです。とくに毛抜きの利用や、カミソリなどをつかった処理の場合は、肌が極端にストレスを感じてしまいます。

足の毛穴ケアも、顔同様にポイントは、保湿です。肌の新陳代謝をよくして常に新しい肌を維持する必要があります。そのためには、まず、古い角質をしっかりと落とします。これは、ピーリング剤が入ったクリームなどを利用します。そして、ビタミンCやビタミンA配合の保湿クリームで、しっかりと保湿を行います。

むだ毛のケアをしないときでも、普段から化粧水やクリームをしっかりとつけて、肌の潤いを保つようにておくことも大切ですね。

 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

関連記事

紫外線対策

紫外線対策

紫外線によるしみやそばかす、しわなどの肌ダメージのことを光劣化といいます。 紫外線対策は美肌を

記事を読む

乾燥肌

乾燥肌対策

冬になると乾燥肌が気になってくる人も多いのではないでしょうか。 肌の水分がなくなってしまうと、化粧

記事を読む

毛穴

毛穴の開き・黒ずみ

原因と対策で毛穴の開き黒ずみを解消 鏡を見るたびにため息のでる毛穴の目立ちは、若い人たちでも、加齢

記事を読む

PAGE TOP ↑