*

紫外線対策

公開日: : 肌のトラブル対策

紫外線によるしみやそばかす、しわなどの肌ダメージのことを光劣化といいます。

紫外線対策は美肌を目指すためには必要不可欠です。

紫外線は夏だけに発生するものではなく、一年中体に影響を及ぼしています。

その中でも5月から8月にかけては特に紫外線の量が多くなります。また、朝から夕方まで紫外線は降り注いでいますし、曇りの日でも紫外線は存在します。日差しがまだ弱いからといって紫外線対策を怠ってしまうと、のちの肌にもたらす影響は計り知れません。

肌が浴びた紫外線の量が多ければ多いほどに肌年齢が上がり、結果肌のシミやしわ、たるみなどを引き起こします。

この紫外線にはA波とB波とC波がありますが、このうちオゾン層を突破し人体に悪影響を及ぼすものはA波とB波です。

C波はオゾン層で遮断され地上には届いていないとされています。

ここではA波とB波を中心に紫外線の影響についてみていきましょう。

 

紫外線の影響

紫外線A波と紫外線B波では、それぞれ人体にもたらす影響が異なります。

 

紫外線 UVA

まずはA波についてみていきましょう。A波はUVAとも言われます。紫外線の中で波長が長いものを指します。

地上に届いている殆どの紫外線がUVAだと言われています。UVAは肌の真皮の部分にまで届き肌を傷つける大変に厄介なものです。ケアをしないでいると、毛穴がだんだんと広がり、しまりのない肌となってしまいます。そのうえ肌が乾燥がちになりシワが増えます。

紫外線 UVB

一方B波はUVBと言われるものです。紫外線の中で波長が短いもののことで、表皮に強く影響を及ぼし日焼けを引き起こします。肌のターンオーバーの周期を乱したり角質を厚くさせてしまったり、肌に炎症を起こしてメラノサイトを活性化させ、シミやそばかすを発生させてしまいます。またUVBは白内障などの目の病、皮膚がんなどの重篤な病気の原因にもなり、体の健康をおおいに損ねるものです。しっかりとした対策をとることが大切になってきます。

 

紫外線対策

紫外線対策には、紫外線を防止する化粧品が大変有効です。俗に「日焼け止め」と呼ばれるクリームやオイルがそれにあたります。

用途に合わせて使い分ける必要があります。選ぶ基準となるものが、SPFとPAの二つの数値です。

これらはそれぞれ何を示すのでしょうか。

 

SPFはUVBをカット

SPFはサン・プロテクション・ファクターの略です。

肌に塗ることでUVBをカットしメラニン生成を遅らせるることができます。

紫外線は20分浴びるとメラニンを生成します。SPFの隣に書かれている数字に20を掛けた分数だけ肌を紫外線から守ってくれるのです。

例えばSPF30と書かれていれば600分ですから、10時間効果が持続するということです。

PAはUVAから守ってくれる

PAはUVAから肌を守る数値です。PAの隣の+(プラス)が多ければ多いほどしっかりと肌を守ってくれます。

SPFやPAは数値が高ければ高いほど肌への負担が強くなります。

毎日の通勤に使うのであればSPFは25程度、PAは++程度に抑え、こまめに塗りなおして対応していくことが大切です。

また、化粧品以外にもつばの広い帽子やアームカバー、日傘なども紫外線から肌を防ぐのに大変有効です。日常に積極的に取り入れていきましょう。

紫外線対策に良い食べ物

紫外線対策に有効な食べ物は数多く存在します。上手に摂取し、肌の紫外線に対する強さをあげていくことが大切です。

 

紫外線対策にリコピンを含むトマト

夏の野菜であるトマトなどをはじめとした赤い野菜やフルーツには、リコピンという栄養素を多く含んでいます。

このリコピンは日焼けや肌の紫外線に対する耐性を強める働きがありますから、毎日少しずつ摂取して日光に強い肌を作っていきましょう。

トマトは熱することによってリコピンの数を増やすことが出来ます。

トマトジュースやトマトピューレなど加工されたトマト製品を毎日の習慣にすると確実に美肌に近づいていくことができますね。

サラダでは飽きるという方は、様々な調理方法を試してみてもいいかもしれません。

紫外線対策にポリフェノールを含む紅茶やチョコレート

また紅茶などに含まれるポリフェノールは皮膚がん予防にもとても有効です。

カカオ含有率が70パーセント以上のダークチョコレートにはお茶の4倍ものポリフェノールが含まれていますから、デザートやおやつがわりに摂取するのもいいですね。

他にもアーモンドや貝類、魚、さつまいもなど紫外線対策に有効な食べ物は沢山あります。好みに応じて満遍なく摂取することが美肌へとつながっていきます。

 

紫外線アフターケア

万が一紫外線を浴びてしまったら、早めにケアをすることが大切です。

遅くとも2日以内にはしっかりとアフターケアをしましょう。
まずは肌を冷やしましょう。日焼けによるほてりや炎症を迅速に取り除いていくことが大切です。

皮膚の痛みや赤みが落ち着いてくるまでタオルにくるんだ保冷剤をあてたり、弱く出したシャワーなどをあてて優しく確実に冷やしていきます。この時はとにかくこれ以上の刺激を与えないように注意をします。

赤みや痛みが少なくなってきたら肌の保水をしましょう。

紫外線で乾燥した肌にたっぷりと化粧水をしみこませていきます。

質より量ととらえ、いつもよりもかなり多めに化粧水を使いましょう。

ここで肌の炎症を確実に抑えることでメラノサイトの働きを抑制していきます。

また、乾燥した肌からは体内の水分も抜けていってしまいます。

脱水を防ぐためにもこまめに水などを摂取しましょう。

肌が潤ってきたなと感じたら、抗酸化成分の含まれる美白化粧水を使ってケアをします。

抗酸化成分の中でも代表的な成分がビタミンC誘導体です。

これは皮膚内で酵素と結びついてビタミンCへと変化する物質で、使い続けていくうちに肌が生き生きとよみがえっていきます。

 
紫外線は対策をしないでいると肌に取り返しのつかないダメージを与えます。

30歳を過ぎてからしみやしわなどに悩まされる人が多くなりますが、それは長年の紫外線の蓄積が肌ダメージとして表に出てきたものであるといえます。

毎日適切なケアをし続けることで肌年齢があがることを防止できますから、日焼け止め化粧品や日焼け止めグッズなどを上手に使い、肌を強くする食品を毎日の食卓に取り入れるなどして、大切な肌を紫外線から守っていきましょう。

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

関連記事

毛穴ケアパック

毛穴ケア

気になる毛穴は目立たなくさせるには日ごろのケアが必要です。洗顔やオリーブオイル、パックなどをうまく利

記事を読む

乾燥肌

乾燥肌対策

冬になると乾燥肌が気になってくる人も多いのではないでしょうか。 肌の水分がなくなってしまうと、化粧

記事を読む

毛穴

毛穴の開き・黒ずみ

原因と対策で毛穴の開き黒ずみを解消 鏡を見るたびにため息のでる毛穴の目立ちは、若い人たちでも、加齢

記事を読む

PAGE TOP ↑