*

乾燥肌対策

公開日: : 肌のトラブル対策

冬になると乾燥肌が気になってくる人も多いのではないでしょうか。
肌の水分がなくなってしまうと、化粧ののりが悪くなりますし、かゆみが発生しますから、大変不快な気分になりますよね。
またかさついた肌にはこじわや吹き出物が発生しやすくなります。見た目にも美しくなくなり、気分がふさぎこんでしまいますよね。
そもそも、冬になるとどうして乾燥肌になってしまうのでしょうか。ここではその原因や対策などを紐解いていきます。

乾燥肌とは

そもそも乾燥肌とはどのような肌の状態を指すのでしょうか。
健康な肌は適度な弾力があります。指で触るともちもちふっくらしています。また肌の表面はスベスベしており、しっとりと潤っています。
肌は表皮と真皮から構成されていますが、ここで注目したいのは表皮の部分。
健康な状態の肌においては、表皮の皮脂膜がバリアのような役目を果たして外的刺激から肌を守ってくれており、その下の角質層が蓋のような役目を果たして水分が蒸発するのを防いでくれています。
乾燥肌とは、この二つの働きが悪くなってしまった状態を言います。

乾燥肌の原因

冬になると肌は乾燥しやすくなります。
気温が低下すると皮脂の分泌が低下して肌の組織がもろくなります。外的からの刺激を受けやすくなるのですね。
そこに冬の冷たく乾いた空気がダメージを与え、角質層を破壊して肌の水分を奪っていってしまうのです。
皮脂膜と角質層からなる表皮にダメージを受けると、肌のターンオーバー(生まれ変わり)のサイクルも乱れてしまいますから、ますます乾燥肌が進んでしまいます。
それでは、乾燥肌が引き起こす肌トラブルの例を見ていきましょう。

乾燥肌トラブル

かゆみ

乾燥肌で辛いことの一つにかゆみがあります。
皮脂膜が衰えて肌のバリア機能が低下すると、肌が敏感になります。その違和感を消そうと肌をさすったりかいたりしているうちに皮脂膜の機能がますます低下してさらにかゆみがひどくなってしまうのですね。
身体や肌を温めたり、エアコンやストーブの風に直接当たらないように気をつけるとかゆみが収まることが多いですから試してみるといいですね。

こじわ

皮脂量と水分量が低下していると、角質層が外的から肌を保護しようと通常よりも固くなってしまいます。
肌が柔らかさを失ってしまうとしわが出来やすくなるのです。
固い紙を折るとくっきりとすじが出来ますが、ティッシュペーパーのようにやわらかくしなやかな紙はなかなかすじができませんよね。
こじわが気になりだしたら、ティッシュペーパーのようにふんわりとした肌を目指してしっかり保湿をしましょう。

カミソリ負け

顔の産毛を処理するためにカミソリを使っている人も多いのではないでしょうか。
カミソリでの産毛処理はとてもお手軽で気軽にできるものです。しかしこれが落とし穴。
カミソリは肌の角質層を削り取ってしまうことがあるのです。肌を外的から守っているバリア機能もなくなり、水分が外に出て行ってしまうことから、乾燥肌に陥ってしまうのですね。
逆のことも言えます。乾燥肌で皮脂膜や角質層の働きが弱っているところにカミソリをあてると、ますます肌の状態が悪くなり肌は水分を失ってカラカラになってしまいます。
肌の乾燥が気になるときは、毛の流れに沿って優しくカミソリをあてたり、肌を保護するシェービングフォームを使いましょう。その後はしっかり保湿をすることも忘れないでくださいね。

 

乾燥肌撃退のための対策

乾燥肌撃退のための洗顔方法

さて、代表的な乾燥肌トラブルを見ていきました。
乾燥肌を撃退するには、洗顔方法を見直すことが大切です。
鉄則は「刺激を与えないこと」です。指で直接こすらないようにしましょう。
また朝と晩に洗顔フォームを使っている人は、皮脂を洗い落としすぎている恐れがあります。
夜しっかりとメイクを落としている人なら、朝はさっと皮脂汚れを落とすだけで十分。ぬるま湯でさっと洗い流す程度にとどめておきましょう。気になる場所があればさっと泡をつけて流してもいいですが、洗いすぎは禁物です。

乾燥肌撃退のための洗顔後のスキンケア

洗顔後の肌は水分が蒸発しやすくなっています。
すぐに化粧水で潤いを与えましょう。しっとりタイプでもさっぱりタイプでもどたらでも構いませんが、化粧水の量には気をつけます。量の目安は500円硬貨大程度。てのひらで温めると浸透しやすくなりますから、時間に余裕があるときは試してみましょう。いずれも肌を包み込むようにしっかりとつけるのがコツです。
その後乳液や美容液、クリームなどで肌に蓋をします。
デリケートな肌は紫外線にも敏感に反応しますから、外出時には春や夏のようにきちんと紫外線対策をしましょう。

乾燥肌撃退のための食事

乾燥肌が気になるときは、和食などのビタミンやミネラルなどのバランスのいい食事を取りましょう。
温かい味噌汁は体温を上げますから、身体の抵抗力をアップさせてくれます。
魚類は脂肪分が少なく、少量で満腹感を得ることが出来ます。また豆類は良質のたんぱく質を豊富に含んでいますから肌の健康に直結します。
また水分を沢山取って体内の水分量を維持することも大切です。
緑黄色野菜に含まれるベータカロテンは肌のダメージを修復する働きがあると言われています。
ホウレン草のおひたしやにんじんのきんぴらは見た目にも食欲をそそりますし、歯ごたえも楽しいので是非取り入れたいですね。
また肌が健康を取り戻すまでは揚げ物や味の濃いもの、アルコール類などの刺激物は控えたほうがいいでしょう。

 

 

一度乾燥肌に陥ってしまうと、健康な肌を取り戻すには大変な労力が要ります。
しかし放置は厳禁。ひどい場合には肌の表面には白く粉を吹いたようになってしまうこともあります。
乾燥は美容の大敵です。
正しい知識を持ってしっかりと対策を講じていきましょう。

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ

関連記事

毛穴ケアパック

毛穴ケア

気になる毛穴は目立たなくさせるには日ごろのケアが必要です。洗顔やオリーブオイル、パックなどをうまく利

記事を読む

毛穴

毛穴の開き・黒ずみ

原因と対策で毛穴の開き黒ずみを解消 鏡を見るたびにため息のでる毛穴の目立ちは、若い人たちでも、加齢

記事を読む

紫外線対策

紫外線対策

紫外線によるしみやそばかす、しわなどの肌ダメージのことを光劣化といいます。 紫外線対策は美肌を

記事を読む

PAGE TOP ↑